しまなみ海道と周辺サイクリングとうまいもん 磯野洋介責任編集


by shimacle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Links

カテゴリ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

四国
自転車・バイク

画像一覧

富士山

富士登山は私達が地元で登っている登山とはまったく別のものだった。
登山というより四国遍路的な、あるいはしまなみ海道を自転車で縦断のような感じかな

聞いてはいたけど人が多い。しかも外国人が多い。3分の1以上。
外国人は軽装、特に白人の外国人が驚くほどの軽装だ。短パンにタンクトップ、スニーカーに小さなザック。
トレイルランならわかるのだがそんなに鍛えているようでもない。
もともとの体が違うのか・・。

日本人も外国人も挨拶をしない。というか人が多すぎて挨拶ができないというのが正しい。
道が広い。土留めの鉄骨・・左右のロープがずっと張ってある。

困っている人がいても声をかけない。震えながら座り込んでいる人もほったらかし。
傍観者効果のようなものがはたらくのか

小屋が多い。7合目近くから上を見ると小屋だらけ・・
岩場の上に建てられている。
なぜ歩きにくい岩場に小屋があり登山道になっているのか?
火山灰の地盤が弱いので岩場に小屋を建てたのだろう。
下りの道には1軒も小屋がない。

今回頂上に行けなくて達成感がなかったので愚痴っぽくなってしまった。
1回は登っておくべきと思って登ったが
リベンジしなければならない・・。
a0166150_18580321.jpg
5合目
どんどん観光客登山者が増えていく
a0166150_18581725.jpg
a0166150_18595253.jpg
6合目雨
a0166150_18595918.jpg
a0166150_19000900.jpg
7合目の鳥居荘に到着
大して歩いてはいないのに寝不足と雨と高度のためか
結構疲れた
a0166150_19001347.jpg
ここで標高2,900もある。初めての高さ
a0166150_19001976.jpg
到着するとすぐにねどこに押し込まれる。
夕食のカレーを2杯食べて仮眠
軽い頭痛がする
a0166150_19011391.jpg
夜中に出発
a0166150_19011978.jpg
8合目で頂上の状況を確認
頂上は風速15メートルだそうだ
ここでもかなりな風と雨、時に霰
高山の天候はやっぱり厳しい
結局ここから先に行かせてもらえなかった
判断難しい。
a0166150_19012730.jpg
街の灯がかすむ
7合目まで暗い道を下る
結構つらい
a0166150_19013981.jpg
7合目でご来光を待つ
さすがにちょっと感動
a0166150_19014676.jpg
雲がまるで富士山のよう
a0166150_19015261.jpg
下りだすとどんどん晴れてくる・・
a0166150_19015632.jpg
と思ったら雲の中
あっという間に5合目に到着
やっぱり頂上行きたかった・・。



[PR]
# by shimacle | 2018-08-22 19:40

本当の水ヶ峠

本当の水ヶ峠を越えて余裕があれば北三方へと思ったのだが・・
さやの峠が通行止めなので多岐神社から窓の峠経由で鈍川へ
a0166150_23194054.jpg
a0166150_23201911.jpg
今の時期サワガニをよく見る
a0166150_23214139.jpg
a0166150_23220130.jpg
朝倉側から多岐神社、窓ヶ峠への道は予想以上にきつかった。
早くから最も軽いギアに・
a0166150_23221635.jpg
雨のあとで、空気はぬけている。
a0166150_23224487.jpg
窓の峠。楢原山は雲の中
a0166150_23225711.jpg
ダム裏を走り、竜岡、そして水ヶ峠トンネルへ
a0166150_23232201.jpg
トンネルから1.5kmほどで木漏れ日の瀧
a0166150_23233419.jpg
木漏れ日の瀧から1kmほどで水ヶ峠の上り口。ここから自転車をかついで登る
a0166150_23235898.jpg
途中何ヶ所も川をわたらなければならない。
少し道がわかりにくいところもあるので注意しなければならない。
四国の道なのだがかなり荒れている。
a0166150_23241334.jpg
重くてなかなか前に進めない。
a0166150_23242120.jpg
a0166150_23244669.jpg
a0166150_23251392.jpg
やっとの思いで水ヶ峠へ、桑瀬峠よりもきつかった・・。
トンネルが開通するまでは、このルートを使っていたのだろうか?

a0166150_23255430.jpg
峠から右手に急な階段を登っていくと北三方ヶ森へと続く尾根道がある。
今日はやめとこ。
松山側へ下るには2つの道があるようだ。どちらも車が通れるほどの広い道だが最初はちょっとわかりにくい。今回は右手の道を下ったが本当に降りれるのか不安だった。
a0166150_23261366.jpg
あっという間に松山側に出てきた。

a0166150_23265712.jpg
ご褒美はエポックのカレー今日はグリーンカレー!




[PR]
# by shimacle | 2018-05-19 23:49

鈍川の奥

さやの峠を越え、千疋を超え、そしてさらに奥へ奥へ・・予定では龍岡木地へぬけるはずだったのだが・・。
a0166150_08461850.jpg
映画のロケになった道が見える。気持ちよく千疋へ向かう
a0166150_08462545.jpg
a0166150_08463103.jpg
a0166150_08463636.jpg
千疋への道も途中崩れている。少し広がったような・・。
a0166150_08464269.jpg
a0166150_08464959.jpg
千疋を下りてすぐのところ。最も大きく崩れている場所。少しずつ復旧が進んでいるが・・。
ここからさらに奥へ進んでいく。
a0166150_08465658.jpg
a0166150_08470146.jpg
最初は舗装しており、もしかしたら楽勝かも・・
a0166150_08470677.jpg
甘かった・・
a0166150_08471092.jpg
マウンテンでも乗れないほどの岩だらけ
a0166150_08471501.jpg
a0166150_08471919.jpg
ここまで来て通行禁止のゲート、内緒で越えていきます。
a0166150_08472396.jpg
a0166150_08472836.jpg
さらに道が荒れてきた。泣きそうになりながら進む。
a0166150_08473444.jpg
ほぼ峠近くだと思っていたらこのがけ崩れ・・。断念
a0166150_08473938.jpg
a0166150_08474472.jpg
最も大きく道が崩れていたところをなんとか乗り越え、下っていくとなんともう一か所こんな状態に
ツール・ド・玉川の千疋コースはやはり無理か。。
a0166150_08475003.jpg
なんとか足湯までたどりつく


[PR]
# by shimacle | 2018-05-07 09:02

ツール・ド・玉川

千疋がまだ復旧しない場合、コースをどのようにするか?いろいろ走っています。
a0166150_09170677.jpg
a0166150_18362980.jpg
a0166150_09204118.jpg
a0166150_18390359.jpg
a0166150_18391375.jpg
a0166150_18392912.jpg



[PR]
# by shimacle | 2018-04-16 18:40

松製麺所

玉川の松製麺所にはじめて行った。前はよく通るのだがいつも車がいっぱいで入れそうにない。で今回は開店と同時10時30に入った。この時間なら大丈夫!
天ぷらがずらり、だし巻き玉子、温泉玉子、昆布も・・。
とり天がおススメらしい。
かけの小ととり天にした。
うどんが美しい。出汁が美しく透けている。これはカツオか?出汁の味はちょっと濃いめ。
うどんはちょうどよいこし。とり天は大きくて旨味がある。仕事中早い目の昼ごはんあり。
a0166150_12252572.jpg

[PR]
# by shimacle | 2018-04-04 12:32