しまなみ海道と周辺サイクリングとうまいもん 磯野洋介責任編集


by shimacle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Links

カテゴリ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

四国
自転車・バイク

画像一覧

また高縄山

また高縄山。何度行っても楽しい山だ。高校のころ毎週のように登っていた(歩き)ころを思い出す。
a0166150_17512927.jpg

a0166150_17432911.jpg
a0166150_1743371.jpg
a0166150_17434529.jpg
a0166150_17435528.jpg
a0166150_1744654.jpg
a0166150_17453368.jpg
a0166150_17454725.jpg
a0166150_1745546.jpg
a0166150_1746437.jpg
a0166150_17461186.jpg
a0166150_17461945.jpg
a0166150_17462816.jpg
a0166150_1746367.jpg
a0166150_17464643.jpg
a0166150_17465793.jpg
a0166150_17471067.jpg
a0166150_17471918.jpg
a0166150_17542919.jpg

[PR]
# by shimacle | 2014-07-14 17:55

高縄山

今回は、国道317号水ヶ峠トンネルを抜け、九川から上った。
a0166150_924491.jpg
水ヶ峠トンネル。今治側からは側道があるから安心なのだが、それでもトンネルは怖い。ストレスになる。
a0166150_9242446.jpg
九川の石積みの田んぼ。
a0166150_9243320.jpg
登り口から私の足で50分ほど。頂上が見える。
a0166150_9244559.jpg
高縄寺周辺の自然林は、気持ちいい。真夏にここで読書とかいいかも。
a0166150_924562.jpg
頂上へ向かう道の杉の大木
a0166150_925593.jpg
雨は降らないが、まったく眺望がきかなかった。
a0166150_9251428.jpg
a0166150_9252340.jpg
a0166150_925342.jpg
a0166150_925459.jpg

帰りは、笹ヶ峠を越えて玉川ヘ抜けた。湖畔の里で山本氏に偶然会った。野間馬ハイランドから菊間へ抜けて、歌仙の滝を越えてきたそうだ。もう1周するらしい・・。同じところを2周できる体力と心を持てると強くなる。

[PR]
# by shimacle | 2014-06-16 09:45

玉川

玉川のサイクリングコース、今回は逆回り。
自宅からさやの峠、千疋超え、鈍川から玉川ダム、笹が峠途中の分岐点から戻り、桂へ下る。
さすがに、仙遊寺へは上る気しなかった。
a0166150_11321423.jpg
今の季節はアザミがいっぱい咲いている。
a0166150_11322372.jpg
a0166150_11323711.jpg
汗が頭の上から滝のように流れて、目の中に入り、顎からはトップチューブへぽたぽた落ちる。
a0166150_11324974.jpg
千疋近くの峠
a0166150_1133180.jpg
ダムでは高校のボート競技が行われてた。本気の競争になるとすごく速い。
a0166150_11331117.jpg
いい感じの里山。
a0166150_11332266.jpg
笹が峠と菊間方面の分岐点
a0166150_1133407.jpg
a0166150_11334773.jpg
うどんのやまびこで肉うどん。いつもはだし入りカレーうどんなのだが、ここ数日カレー食べ過ぎていたので肉にした。しかし熱い。

玉川は、里山と渓谷と山があり、変化があり楽しい。自宅を出るといつも玉川方面に来てしまう。


[PR]
# by shimacle | 2014-06-02 11:56

堂ヶ森

a0166150_1339982.jpg
なんとこの連休自転車に乗らなかった。
というか 4日に堂ヶ森に登り、その筋肉痛のためそのあと自転車に乗れなかったのだ。
同じ太ももでも自転車と登山では使う筋肉が違うようだ。

なんで堂ヶ森に行ったのかというと
うちの奥さんが、石鎚山に行きたいと言ってきた。でもゴールデンウイークに石鎚はありえない。
せっかく気持ちのよい山に行くのによりによって混雑している時に行かなくてもいいではないか?
で、石鎚山系でも比較的人が少ないと思われる堂ヶ森を選んだ。

国道11号線、桜三里途中から、鞍瀬渓谷へ向かう道を車でぐんぐん上る。
行き止まり手前に保井野からの登山口がある。
a0166150_1257531.jpg
頂上まで3400mと立札が。学生の時に来たことがある。かなりな急坂だったような記憶がある。
a0166150_12573428.jpg
芽吹いたばかりの木々が気持ちいい。と思ったのは最初だけで、この登山道は半端ない・・・。特に最後の方は、道もわかりにくくなっているし、どんどん勾配がきつくなってくる。もうあかんと思ったころやっと稜線にたどりつく。
a0166150_12451694.jpg
梅が市からの登山道はもっと楽らしい。遠く面河ダム湖が見える。
a0166150_12452650.jpg
ショウジョウバカマ?
a0166150_12454164.jpg
稜線に出てからも結構ある。
a0166150_12455469.jpg
頂上が見えてきた。
a0166150_13442256.jpg
a0166150_12462379.jpg
瓶ヶ森ほどはないが、白骨林がある。
a0166150_12464111.jpg
頂上から見た二ノ森、石鎚山方面。
a0166150_1247452.jpg
帰りは完全に足にきた。特に奥さんは、歩きかねている。
a0166150_1247172.jpg
登山口に着いたときはこんな感じ・・。
[PR]
# by shimacle | 2014-05-07 13:25

亀老山・カレイ山・開山

4月19日は結婚記念日。サイクリングとは関係ないけど・・。
ひさしぶりにしまなみ海道。今ならクーポン半額です。
a0166150_17323857.jpg
朝起きた時はかなり曇っていたのでどうかなと思っていたが、なんとか晴れてきた。しかし、風が強い。
a0166150_1732497.jpg
予定は伯方島を1周して帰ろうと思っていたのだが、魔がさして亀老山へ・・。
a0166150_17325973.jpg
何度来てもやっぱりすばらしい!
a0166150_17331125.jpg
a0166150_17332011.jpg
藻塩のジェラート旨い。ドルチェで作っているらしい。
a0166150_17332763.jpg
この日は島四国の日。あちらこちらで巡礼の人に会う。
a0166150_1733577.jpg
このまま伯方島へ行こうと思っていたのだが、魔がさしてカレイ山へ。すぐに公園の看板があったので着いたのかと思えば、これからがきつい坂だった。
a0166150_17341997.jpg
展望台からは、伯方大島大橋、能島がよく見える。
a0166150_17343252.jpg
遠見茶屋は初めてです。カレイ山も波方の海山のように昔は遠見番所があり遠見山と呼ばれていたのだろうか?
a0166150_17344029.jpg
開けっ放しの開放的なカフェです。いい感じ!
a0166150_17344831.jpg
カレーおいしくいただきました!
a0166150_1735796.jpg
そして伯方島へ。1周して帰ろうと思っていたけど、魔がさして開山へ。桜はさすがに終わっていたが、八重桜とつつじが満開だった。
a0166150_17352147.jpg
a0166150_17353032.jpg
ここの展望台は、木造。亀老山とは対照的。
a0166150_17354210.jpg
大三島橋。手前は桜なんだけど。さすがにまったく花がない。
a0166150_17355469.jpg
つつじも結構ある。
a0166150_1736228.jpg
熊口港のシンボルだった赤い灯台がなくなったのはさびしい。
a0166150_17361474.jpg
そして伯方島をぐるっとまわって玉屋へ。
a0166150_17362366.jpg
なんとケーキが1個もない・・。無理を言ってショートケーキ切ってもらった。玉屋で苺ショート食べるの初めてかもしれない。本当はショートケーキ大好きなんだけど、ついついちょっと変わったケーキを選んでしまう。手前のマカロンは、シャーベットをサンドしている。
a0166150_17363524.jpg
田の浦峠のべた踏み坂。足が動かなくなってきた。急坂が多くて筋肉使い過ぎたようだ。
a0166150_17364797.jpg
やっぱりペイザンにも寄ってしまった。しかしここもパンがない・・。
a0166150_17365925.jpg
泣きそうな顔をしていると奥から失敗作と言ってもってきてくれたイヨカンとチョコチップのパン。失敗作と言っていたけど全然問題ない。おいしかった。

そんなつもりなかったのだが
結局獲得標高を1000m超えていた。距離も70㎞ほど。
足ぱんぱん。急な坂は、無理しないこと。



[PR]
# by shimacle | 2014-04-21 18:11