しまなみ海道と周辺サイクリングとうまいもん 磯野洋介責任編集


by shimacle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Links

カテゴリ

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

四国
自転車・バイク

画像一覧

西山興隆寺

ツール・ド・玉川の掃除でブロワーをやりすぎて左の肩から肩甲骨のあたりが重く痛くて・・、自転車にも乗れなかった。少しだけよくなったのでリハビリサイクリング。久しぶりに丹原方面へ。
a0166150_8585421.jpg
もう最初の坂で息があがる・・。
a0166150_859873.jpg
朝倉ダム
a0166150_914926.jpg
黒谷は雪が残っていた。
a0166150_9225.jpg
空が澄んでいる。
a0166150_921061.jpg
石鎚山はかなり雪が積もっている。
a0166150_921763.jpg
西山興隆寺へ
a0166150_922540.jpg
a0166150_923436.jpg
六角堂 坂がきつい
a0166150_9244100.jpg
山門あたりは、まだ緑のもみじがあるのだが・・。
a0166150_925246.jpg
a0166150_93073.jpg
西山興隆寺は石段が美しい。
a0166150_93918.jpg
a0166150_931992.jpg
まだ多少紅葉がみられるが、上の一番いいところは終わっている。
a0166150_933036.jpg

[PR]
# by shimacle | 2014-12-08 09:15

ツール・ド・玉川 コース

a0166150_1524329.jpg



ツール・ド・玉川のコース上に幟が立った。
地図を見てもなかなかわかりにくかったが、幟のおかげで迷わず試走でる。
a0166150_11135336.jpg
玉川のAコープ裏の福祉センター(玉川美術館の横)をスタートして、サークルKの信号を渡る。当日ここは少し待つことになるかも。信号を渡ってからが本当のスタートになりそう。
a0166150_1118118.jpg
グリーンピア玉川までは行かず手前で左折、桂の方へ走っていく。道が狭くなるまでは緩やかな坂で快適。
a0166150_11194685.jpg
このあたりから坂が急になっていく。先は長いのでこの峠は準備運動ぐらいのつもりで走った方がいい。
a0166150_11212516.jpg
なかなか峠に着かない。どんどん勾配もきつくなるような感じ。峠手前で少し眺望が開け峠に着く。下りは激坂なので慎重に。
a0166150_11221358.jpg
一度下りきってからまた緩やかに菊間方面へ上り、神社のところを左折、北条方面へ進む。写真の道を右にいけば北条。左にUターンぎみに行く道がコース。下っていく。
a0166150_11255972.jpg
ダムの上側の湖畔の里が第1エイドステーション。交差点から歩道を右側通行する。
a0166150_1128528.jpg
ここに来ると必ず森とも農園のブルーベリーアイスを食べる。絶品です。当日はエイドステーションがあるが、余裕のある方はぜひ食べてみてください。
a0166150_11311164.jpg
横断歩道を渡り、国道317号線を松山方面へ数百メートル走る。ダム湖の裏側へ左折。
a0166150_11325033.jpg
今回のコースの中で最も道が悪く走りにくいのがこのダム湖裏の道。一応交通規制をするので前から車が来ることはないが、あまりスピード出せない。
a0166150_1134177.jpg
ところどころにこれから紅葉しそうな木がある。また、ダム湖でボートの練習をしていることがあり、景色を眺めながらのんびり走るのがお勧め。
a0166150_11372778.jpg
この先で交通規制が終わり、鈍川へ入っていく。
a0166150_11381570.jpg
鈍川温泉入口。ここからがこのコースのメイン!
a0166150_11385262.jpg
鈍川温泉の中間あたりに足湯がある。余裕があればぜひ浸かってみてください。かなり熱めのお湯で気持ちいい。
a0166150_114033.jpg
森林館までは緩やかな勾配で気持ちよく走れる。当日までには紅葉ももっと進むだろう。
a0166150_11405393.jpg
第2エイドステーションの森林館。ここで少しはらごしらえ。ここから先は交通規制。
a0166150_11414240.jpg
結構紅葉がきれい!
a0166150_11421055.jpg
ここから「よこくら橋」までは、それほどきつい坂ではないので、渓谷を楽しみながら気持ちよく走ることができる。このあたりで、試走されている人に抜かれた。かなりな速さ・・あのスピードだとこのコースも2時間余りで走ってしまうのでは。
a0166150_11453260.jpg
当日は紅葉が一番いいころだと思う。
a0166150_11455118.jpg
「よこくら橋」を渡る。ここからはかなりな急坂が続き、余裕がなくなってしまう・・。自分のペースでがまんしながら上る。
a0166150_11483651.jpg
道は当日までに掃除する予定だが、時々岩のかけらが落ちている。パンクに注意。
a0166150_11493922.jpg
あのカーブを曲がったら終わりかなっと思ってもまだまだ続く・・。上に行けば行くほど急になっていく。
a0166150_11504286.jpg
峠。ちょっと呼吸を整えて、ゆっくり下る。時速25㎞以下。
a0166150_11522854.jpg
ほぼ下りてきたこの先の神社で交通規制終わり。
a0166150_11531680.jpg
県道に出てまたすぐに右折して上りになる。距離は短いけれどもう結構疲れているからきつい。峠が第3エイドステーション。
a0166150_1153412.jpg
下ったと思ったらまた上り・・窓の峠へ向かう。地図を見れはすぐのようなのだが・・。
a0166150_11555878.jpg
もう坂道も終わるころかなっと思ったら、まだ上が・・。
a0166150_11565889.jpg
峠近くでちょっと後ろを振り向いてみると、玉川のシンボル楢原山が見える。
a0166150_11581428.jpg
ここからの下りは長い。スピードが出てしまうので注意が必要。ここは交通規制してないので前から車が来ることもある。
a0166150_1433946.jpg
いよいよ仙遊寺・・。もう最後だから行ける・・。
a0166150_1434582.jpg
山門前の広場で小休止。当日はここから上に行くかどうか本人の意思にまかせせるそうだ。もし上に行かなくても完走証はもらえるらしい。
a0166150_1435813.jpg
福島から来たというサイクリスト。四国に入ってもう1か月になるという。
a0166150_1436320.jpg
山門を過ぎると激激坂・・。
a0166150_14363794.jpg
最後の坂・・。写真を撮るために足をついた。これがいかんかった。もうリスタートできない。無理にしようとしたため前が浮いて落車・・。だめな場合は無理せず歩きましよう・・。
a0166150_14404364.jpg
そのままお寺には行かず右の広場に行くと今治の街が見下ろせる。
a0166150_14413122.jpg
このコースやり遂げると充実感がある。しかしまだ終わってはいない。ゴールまで帰らないといけない。ちょっと無駄に感じる上りを越えてスタートと同じゴール地点へ。


[PR]
# by shimacle | 2014-11-10 14:52

四国カルスト

a0166150_181458.jpg
四国カルストは初めてかもしれない。昔車で来たような来たことがないような・・
今回は自転車。大野ヶ原まで車で行き、天狗高原往復の約30㎞。
みんなでまったり楽しくサイクリングです。
まったりと言っても獲得標高は870mほどあります。
最高の天気に恵まれ、最高のサイクリングでした。四国にこんなところがあったなんて驚きと感動です!!

a0166150_1801447.jpg
出発してすぐに高知県に入った・・と思ったらすぐに愛媛県にもどった・・。
a0166150_1811165.jpg
上ったり下ったり県境の尾根を走ります!
a0166150_1812224.jpg
石鎚山は裏から見ても同じような形をしているが、堂ヶ森が左手に見えるのが不思議な気分です。
a0166150_18162121.jpg
a0166150_181633100.jpg
地芳峠を経て400mほど上ると姫鶴牧場。美しさに圧倒されます。
a0166150_181988.jpg
a0166150_18194285.jpg
姫鶴牧場周辺を脇道へ入って遊んだあと、天狗高原へ。
a0166150_18221415.jpg

a0166150_18225231.jpg
天空の道を走っている感じ!最高に気持ちいいです。
a0166150_18235215.jpg
a0166150_18243510.jpg
天狗高原天狗荘に到着!
a0166150_18253413.jpg
昼食後のデザートは牛の糞大福・・・
a0166150_18264475.jpg
a0166150_18270100.jpg
来た道を戻ります。
a0166150_18275712.jpg
同じところを戻っても全然飽きない!
a0166150_18283359.jpg
ここは軽井沢??
a0166150_1829493.jpg
アイスクリームも最高においしかった!!大満足のサイクリングでした!


[PR]
# by shimacle | 2014-10-24 18:32

瓶ヶ森林道

a0166150_20235559.jpg
木の香温泉へ集合、旧寒風山トンネルから瓶ヶ森林道を抜け、よさこい峠から長沢貯水池をまわり、木の香温泉へ戻る70km弱の山のコース。今回は総勢7人のサイクリング。


a0166150_20241031.jpg
天気もまずまず。気持ちよくスタートです。
a0166150_20242169.jpg
まずは、旧寒風山トンネルを目指します。
a0166150_20244049.jpg
前の3人には遅れ、後ろの3人より少し速く、また一人で上る・・。ちょっと自分的にはハイペースだった。
a0166150_20244933.jpg
みんな揃って、瓶ヶ森林道に入る。少し下るが、ここから最初のトンネルまでがきつい。
a0166150_2025136.jpg
それでも、一人で来た時よりも楽にここまで来ることができた。
a0166150_20251195.jpg
ひさしぶりに、寝ているひーちゃんを見た。
a0166150_20252126.jpg
最初のトンネルを越えると、勾配は少しゆるやかになる。
a0166150_2025355.jpg
a0166150_20254952.jpg
ここは本当に天空を走る感じです。
a0166150_20255832.jpg
景色がいいので、走るのも気分的に楽になります。
a0166150_20261028.jpg
熊ほんとうにいるの?自転車なら逃げられるか?
a0166150_20262113.jpg
a0166150_20262955.jpg
来た道を見るとやった感がある。
a0166150_20264263.jpg
瓶ヶ森の駐車場。ここからは下り。
a0166150_20265654.jpg
a0166150_2027763.jpg
a0166150_20272139.jpg
シラサ山荘のいろどり弁当。大盛り無料
a0166150_20273680.jpg
よさこい峠、ちょっとガスが出てきた。ここからはひたすら下り・・。
a0166150_20274996.jpg
a0166150_20275842.jpg
やっと194号線へ、ここから木の香までまだ10㎞ある。

今回は、7人もの人数で来たが、一人とはまた違った楽しさがある。それぞれペースが違うけれど、待つ場所を決めていればそれほど問題なく走れる。獲得標高は1500m走行距離は67㎞だが、そんなに疲れた感じはしなかった。一人の時よりも気分的に楽だった。次は四国カルストかな?


[PR]
# by shimacle | 2014-09-22 20:56

玉川

最近自転車に乗ると玉川ばっかり・・
ツール・ド・玉川があるからというのもあるけれど、玉川走るのが一番楽しい。
家から近くて、ノープランで走ることができる。
この日も、ふらりと出かけた。
a0166150_17452972.jpg
さやの峠を越え千疋峠方面へ、ツール・ド・玉川と逆走になる。
a0166150_17454098.jpg
道路に土砂が落ちているところがあったり、落ち葉や枝も多い。気を付けて走らねば。
a0166150_1745283.jpg
こんな岩どこから落ちてきた。
a0166150_17473538.jpg
よこくら橋で90歳一人暮らしの門田さんに会う。
a0166150_1747488.jpg
a0166150_17471098.jpg
a0166150_1748261.jpg
玉川ダムの裏も結構荒れている。今年の夏は天候悪すぎです。湖畔の里に寄ったあと、葛谷から桂へ。
a0166150_17485667.jpg
下ってきてやっぱりやまびこ。いつもはだし入りカレーうどんなのだが、2日連続カレー食べているので今日は肉うどん
a0166150_17485131.jpg
少し迷ったのだが仙遊寺へ、この激坂はやっぱりまっすぐは上ることができない。ジグザグでちょっとずつ上るしかない。
a0166150_17492130.jpg
観光バスも入りかなりな参拝客がいた。
a0166150_17493311.jpg
玉虫の死骸。夏も終わりです。
a0166150_1749308.jpg
少し迷ったのだけど、窓の峠へ・・
a0166150_17501649.jpg
結局、ツール・ド・玉川の逆コースプラスさやの峠を走った。距離はおよそ60㎞、標高差は1500mにもなっていた。さすがに最後の方はへろへろになる。
a0166150_175027100.jpg
コクワガタは冬を越せるのかな。
a0166150_1815988.jpg
最後にさやの峠ももう一度越えて帰宅。

ツール・ド・玉川のコースはやっぱり相当面白い。心が折れそうにもなるが、達成感はある。今はかなり道も荒れているが、当日までにはきちんと整備できると思う。これから試走される方も多いと思うが、十分注意して走ってほしい。


[PR]
# by shimacle | 2014-09-01 18:19