しまなみ海道と周辺サイクリングとうまいもん 磯野洋介責任編集


by shimacle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Links

カテゴリ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

四国
自転車・バイク

画像一覧

高縄山

a0166150_1312256.jpg
5月5日朝早く起きた。高縄山へ行くためだ。今回は、317号側から上り、柳原へ降りるコース。
6時前には家を出てさやの峠へ。ヤマフジが各所で咲いている。
a0166150_13121326.jpg
さやの峠までは、ちょうど5km。ゆっくり準備運動のつもりで走る。鈍川から玉川ダムの裏へ上がる道がある。

国道317号を玉川ダムへ向かう道は、かなり急なのでそれを避ける意味もあり、裏道を走る。
a0166150_13171475.jpg
やっぱりアザミは5月。アザミっていう名前はなぜか意地悪な女性のイメージがある。
a0166150_13182922.jpg
玉川ダムの裏道の竹やぶ。筍ももう終わる。
a0166150_13204067.jpg
ついこの間まで満開だった桜は、こんなにも葉が茂っている。
a0166150_13213872.jpg
317号に出て水ヶ峠トンネルへ向かう。遠く北三方ヶ森も新緑だ。

a0166150_1354549.jpgマイペースであまり必死になっていない時は風景がよく見える。時速12km前後で息を切らさず走れるぐらいの坂道が一番好きだ。

車で走っている時は見ることのない渓谷も、自転車ならば見える。

駐車を心配しなくてもいい。

写真を撮るという理由で休憩できる。(自分一人だからいつでも休憩していのだが、なにか理由がないとロードバイクは止まることができにくい)

今は新緑、秋は紅葉が美しい。

a0166150_13552631.jpg
水ヶ峠トンネルは立札にもあるとおり、2804mもの長さがある。暗くて長い・・。いつものことながらトンネル内を走るのは怖い。

a0166150_13591242.jpg
九川という集落は、317号から高縄山へ向かう途中にある。こんな高地の棚田で作る米は絶対旨い。

a0166150_1404120.jpg
サドルバッグに入れていたのでつぶれてしまったあんぱんでエネルギー補給。

a0166150_1414294.jpg
峠道は、最初は緩やかでこれはいい調子でいけるとも思うのだが、後半はいつも急坂になる。今回も最低速度は時速6km・・。だんだん重くなって、ギアがもう一枚ほしくなる。ほとんど止まりかけになってしまったら、ほんの30秒でも休むとまた走れるようになる。
a0166150_1452584.jpg
予想外に早く分岐地点に着いた。ここから上に行かずに降りることもできるが、やっぱり頂上に行きたい。
a0166150_1462384.jpg
高縄山はこの電波塔?が目印になる。ここでロードバイクが1台降りて来た。こんなに朝早く出たのに先客がいるとは驚きだ。
a0166150_14747.jpg
高縄寺の山門に着く。317号からちょうど1時間。自分的には満足。ヒルクライムレースをしている人なら、30分で登れるだろう。

高縄寺周辺の森は、深くて大きな木々が茂り、ちょっとだけ高山の香りがする。

a0166150_14123441.jpg高縄寺から頂上へはセメントのがたがた道を登らねばならず、結構辛い。

いっそ、森林浴を楽しみながらゆっくり歩いて上った方がいいかもしれない。

頂上への道に大きな杉がある。
楢原山もそうだが、大木は頂上近くに多い。

やはり頂上の木は伐採するのがためらわれるのかもしれない。
特に高縄山は、お寺があるためその周辺の木々は残されているのだろう。

昭和45年までは山門の前に巨大な子持ち杉があったらしい。

今は切り株が残されており、その真ん中から新しい杉が成長している。
a0166150_14233180.jpg
a0166150_14235312.jpg
a0166150_14243183.jpg
頂上に着く。少し霞んでいてしまなみ海道は見えない。

今回は北条、柳原へ降りる。

a0166150_14255847.jpg
この道は思っていたよりもずっと長く、ブレーキを握る手や、腰、首に結構負担がかかった。しんどさはないのだけど下りも結構つらいものだ。

写真は途中にあった神社。後になにもないと思ったら、上の方に小さな祠があった。

a0166150_14323444.jpg
さっきまで頂上にいた高縄山が・・。

幸いなことに国道は強い追い風だった。
時速35km前後で楽々走れる。

気持ちよく走っていたら、いきなり右をものすごいスピードで追い抜いていく自転車が・・。

時速45kmぐらいは出ているのでは・・。

ぜんぜんついていけないです。

結局走行距離は90kmを超えていた。


[PR]
by shimacle | 2012-05-07 14:40