しまなみ海道と周辺サイクリングとうまいもん 磯野洋介責任編集


by shimacle

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Links

カテゴリ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

四国
自転車・バイク

画像一覧

水ヶ峠トンネル

a0166150_18333343.jpg
a0166150_13211047.jpga0166150_13312045.jpg国道317号を今治から松山へ。水ヶ峠トンネルは、標高455m。予想していたよりも楽に上ることができた。玉川ダムを越えてからは緩やかになる。きつくなるのは最後の2kmぐらい。峠道(ロードではヒルクライムと言う)を走る場合、最初に覚悟をしておくのとしていないのとでは大きく違う。「この峠はかなりきついに違いない!」と覚悟を決めて上ると大体予想以下になる。逆にすぐだろうとたかをくくっていると、カーブを曲がっても曲がっても峠にたどり着けなくて精神的にバテテしまう。

トンネルはとにかく長い(2084m)。今治側からは側道があるのでそこを走ればいいが、松山側から来ると車道を走らなければならない。団体のロードとすれ違ったが結構危険そうに思えた。こちらからはトンネルの出口までゆるやかに上っている。

トンネルを抜けて少し走ると、古い神社がある。車で走っている時も気になっていたのだけどわざわざ車を降りてまで見ることもなかったが自転車なのでちょっと寄ってみた。

いかにも古い地元の氏神様という佇まいだ。やはり杉の大木がある。山間の神社は楠よりも杉の大木がある方が多いように思う。

そして中の大きな絵馬には、日露戦争?
武者の絵だけではなく戦争関係の絵馬は結構あるみたいだ。
私は始めて見たけれど・・
a0166150_1852458.jpg
このあたりの水田は、石を積んだ棚田になっていてとても美しい。少ない土地を利用した先人の知恵と労力はすごい。朝晩の寒暖の差が大きいからおいしいお米が取れるに違いない。

a0166150_18572492.jpg
気持ちよく下っていくとやがて石手川ダムに。今のところ十分水はある。しかし、夏はいつも不足になってしまう。松山の人口に対して小さすぎるのか?あるいは今の生活が水を使いすぎるから?

道後まで一気に下ってしまった。
平和通りを国道196号まで出て、海岸沿いを走ることにした。

向かい風だ。

上り坂よりも向かい風の方がいやかもしれない。
上り坂の場合、少し開き直ったところがあって、しんどいに決まっているという思いがある。
だからゆっくりでも少しずつ進んでいける。
しかし、向かい風の場合は、平地を走っているという意識がある。
なのに進まない。
こんなはずではないという気持ちが起きて、一生懸命ペダルをまわすのだがスピードが上がらない。重くなっていく。どんどん疲れてくる・・。

a0166150_19141533.jpg
しかし、北条の「道の駅ふわり」あたりからは追い風になった。

追い風は自分の力を勘違いさせる・・。風にもよるが、時速35kmをずっと続けるのもそれほど大変なことではない。自分はこんなに速かったっけ??海岸線の追い風は最高です!

でも走行距離100km近くになると、足の動きが急に鈍くなってくる。
ロードに乗り始めて1日で最も長い距離を走ったのはしまなみ海道の約80km。それもかなりゆっくりで坂もそれほどない。

今回はじめて100km・・。
(学生時代は、200km近く走ることもあった。しかもランドナー・・。当時は元気だった)

今、御歳52才。
100kmが限界かもしれない。
それでも、無意識のように足が回っている・・。

結局家に帰ると110km走っていた。
平均速度は23.5km
[PR]
by shimacle | 2011-03-07 13:01